Menu

三精テクノロジーズがオランダのジェット・コースターメーカーを買収

東京(2018年4月3日報)国際法律事務所であるポールヘイスティングスは本日付で、遊園地乗物、舞台機構及び昇降機のデザイン、製造及び保守改修を事業とする公開会社である三精テクノロジーズ株式会社(本社:大阪、以下「三精テクノロジーズ」)が世界屈指のジェット・コースターのメーカーであるVekoma Rides B.V.(以下「Vekoma」)を完全子会社化することに関して、三精テクノロジーズに助言をしたことを発表しました。

Vekoma(本社:オランダ、フロドロップ)は、革新的なデザイン及び品質で高い評価を得ているジェット・コースターのメーカーです。本買収により、三精テクノロジーズは遊園地乗物のデザイン、生産及び販売の分野における国際的なプレゼンスを強化することになります。

ポールヘイスティングスは、過去に別の案件で、2012年7月に三精テクノロジーズが米国ユタ州に本社をもつ遊園地乗物及びジェット・コースターのメーカーであるS&S Worldwideの株式を取得した際にも三精テクノロジーズに助言をしています。

本件は、東京オフィスのパートナーである新井敏之を中心に、アソシエイトの呉剣雄(Jianxiong Wu)、李可斐(Kefei Li)及び鈴木麗が担当。