left-caret
Practice

環境法

世界的規模で、水資源不足、化学物質汚染、温暖化、酸性雨などの多くの環境問題が深刻化している近年、企業活動においても環境への配慮という視点が不可欠となってきています。わが国でも、土壌汚染対策法の施行、水質・大気・廃棄物・化学物質等に対する新法の制定、法改正による規制の強化が行われており、また、もともと環境への関心が高い外資系企業の進出によりマーケットに変化が生じ、環境リスクへの配慮は企業の存続にかかわる問題となりつつあります。

当事務所は、日本ではまだ比較的新しいこの環境法の分野において、米国オフィスの経験豊富な環境法専門弁護士とともに、一般企業活動における環境管理、M&A、不動産取引における環境リスクに対する法的アドバイスを提供しております。さらに、国内企業のアウトバウンド型投資(不動産、プロジェクト開発等)における環境リスクについてのアドバイスも常時行っております

Name
up-caret
Office
Contact
No professional could be found in this Practice Area

ご連絡ください

お問い合わせ